媚薬性愛システム」の性衝動を感

何世紀も、人間が営々と媚薬を探していた。古代ローマ人カキを見つけたカキ、中国人は虎鞭を信頼し、アラブ人はハンプに熱心する。実は、最も強力な媚薬は 私たちの体内にある、それは3組の「性愛システム」の性衝動を感じ、タッチと愛情。各セットのシステムを促す情欲の中で重要な役割を果たしている。科学者 たちに分析したシステムはどのようにこれらの情愛の中で力を発揮し、それをイギリス『心理月刊》雑誌の上で掲載した。シアリス
性衝動と一連のホルモンと密接に関連して、例えば男性ホルモン。雄性ホルモンのレベルが増え、情欲の最も良い方法を上げる。タッチ感じ:密接なスキンシップを増加することができます信頼感、これは後半オキシトシンを誘発している。レビトラ
愛:ドーパミンは感じで楽しいと促進のロマンチックな愛情の「触媒」である。研究を表明して、革新、冒険てみたり、新しいものも脳を刺激でドーパミン釈放 させられる。この革新的なだけではなく、ベッドの楽しみだけではなく、共に新しい料理を発明したり、ゲームしたり、公園でジェットコースターしたりするこ とも含む。マカ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です